レディー

男性もなりうる病気

婦人

性器に関する病気には様々なものがありますが、中にはあまり聞きなれないような病名のものもあります。カンジタもその中の1つです。「カンジタは女性がかかる病気」と考えている人も多いですが、男性も感染する病気です。カンジタは、膣内にある「カンジタ細菌」と呼ばれるカビが原因で発症する病気です。男性との性行為によって感染することもありますが、性感染症には括られていません。カンジタを発症させたことのある女性の割合は案外多く、現在国内にいる女性の5人に1人が発症していると言われています。膣内で発症させる病気であるため、発症者は当然男性よりも女性のほうが上です。

カンジタを発症させる原因の大半がカンジタ細菌の増殖です。増殖する理由は複数あり、免疫力の低下や抗生物質の服用など様々な理由が考えられています。また、女性器の衛生環境が悪くなるとカンジタ細菌が増殖しやすく、発症のきっかけとなることもあります。カンジタを発症させてしまったら、膣や女性器周辺にかゆみが発生し、また性行為時に女性器に痛みが走るようになります。また、おりものの形状や臭い、色がいつもと違った形になることもあります。ちなみに男性の場合、性器に痛みが生じたり、性器の表面が乾燥したりといった症状が現れます。もしカンジタと思われる症状が現れたら、すぐに専門の病院に行きましょう。女性の場合婦人科形成に行きましょう。男性は泌尿器科が適当です。原因を把握し治療を施して、清潔な性器を取り戻しましょう。